オメプラール錠20mgの市販での販売や個人輸入の通販ついて

 

オメプラール錠20mgは市販での販売はされていません。

 

オメプラール錠20mgは処方箋医薬品なので、マツキヨやツルハなどの
ドラッグストア薬局ではオメプラール錠20mgの市販薬は販売されていません。。

 

病院で医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。
ただ、市販はないですが個人輸入代行で通販することはできます。

 

オメプラール錠20mgと同有効成分のオメプラゾールを配合しているジェネリックなら
個人輸入代行の「オオサカ堂」で入手することができます。

 

オオサカ堂では口コミも見れるので注文前に確認しましょう。
複数注文割引やポイントの付加、全商品が送料無料なのもおすすめな理由です。

 

オメプラール錠20mgの効果や特徴

オメプラール錠20mgは胃酸の分泌を抑えてくれる薬でプロトンポンプという胃酸を分泌する物質をブロックする働きを有しています。そのためプロトンポンプ阻害薬と呼ばれています。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に関してはこのオメプラールを服用することが基本的には第一の選択になっていることが多いです。

 

このようにオメプラール錠20mgはかなり強い胃酸を抑制する効果が高いことで知られているのですが、効果を発揮するまでにはやや時間がかかるという特徴があります。

 

また、日中における胃酸の抑制効果は絶大なものがあるのですが、夜間においては抑制効果は日中に比べると弱いものとなってしまうという特徴も挙げることができます。

 

投与できる回数や日数に関しても制限がかかることが多く、無制限に飲み続けて良いというものではない点も特徴だと言っても良いでしょう。

 

また、オメプラール錠20mgには胃酸の抑制効果のほかにもヘリコバクターピロリ菌の除去にも効果が出ることが知られています。ピロリ菌は最近、何かと話題になっていますが多くの場合、オメプラール錠20mgなどを服用して対処する場合が多いです。

オメプラール錠20mgの副作用や注意点

オメプラール錠20mgは胃酸を抑制する効果が絶大ですが、副作用に関してもやはり注意が必要です。強力な薬だけに副作用も気にして服用していくことが重要となるのです。

 

オメプラールによる主だった副作用は下痢、軟便、発疹、便秘、味覚異常などとなっています。

 

また、肝機能の数値異常や白血球の数の減少、BUN値の上昇などの異常が出てくることもありますのでオメプラールを服用しているときは定期的に血液検査をしていくことが重要なポイントとなります。

 

重篤な服作用として起こり得るものとしてはショック、アナフィラキシー、汎血球減少症、無顆粒球症、溶血性貧血、 血小板減少、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)、視力障害、間質性腎炎、急性腎不全、低ナトリウム血症、間質性肺炎、横紋筋融解症、錯乱状態などが起こる可能性があります。

 

その他の注意点としては、オメプラール錠20mgを服用する際は

  • セイヨウオトギリソウを含む食品は摂取しないこと
  • 抗エイズ薬を服用している場合は併用しないこと
  • 過敏症の既往歴のある人
  • アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の人

は、オメプラール錠20mgの服用は避けましょう。

 

いずれにしても医師の指示に基づいて用法を守って服用していく事が副作用の予防にもつながります。

オメプラール錠20mgの用法用量

オメプラール錠20mgはかなり強い薬となっています。服用に際しては必ず指示通りの飲むことが肝要で、そうでなければ逆効果となることもあるので注意が必要となります。

 

胃潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎の場合は1日に1回で20rの服用で連続して8週間までとなっています。十二指腸潰瘍の場合は1日に1回20mgを連続して6週間までとなっています。それ例外の病気の際の服用も医師に従いましょう。

 

オメプラール錠20mgに限らず、薬によっては飲んでも構わない期間が決まっていたり。病気によって同じ薬でも用法が違ってくるという事もあります。当たり前ですが薬は医師の指導の下に決められた量の物しか飲んではいけません。

 

飲み忘れたから後から倍飲むとか、勝手に飲むことを止めるとか、早く効き目を体感したいので決まられている量よりも多く飲むと言った行為は十分に注意が必要となってきます。

オメプラール錠20mgジェネリックの口コミや評価

オメプラール錠20mgジェネリックの口コミや評価には、それまで胃が不快だったのが回復したなど胃の痛みなどで悩んでいた人も軽減される傾向にあります。

 

いい口コミだけではなく、中には飲んでも効かないと感じている人もいたり、吐き気がする、便が柔らかくなったなどの声もあります。いつもと違う違和感、副作用ではないかと思うような症状が出てきたら無理に飲むのではなく医師に相談の上、薬を変えてもらうなどの対処をしていきましょう。

 

様々な評価がありますので、個人輸入代行するなら内容をよく確認してから注文しましょう。

 

 

※副作用の強い薬もあります。個人輸入代行は自己責任ですので、よく検討してから購入をしてください。

 

 

【参考になるサイト】